評判の宝石買取業者を調査しました。

宝石の買取価格を徹底比較!
宝石の買取価格を徹底比較 » 宝石買取する前に知っておきたいこと

宝石買取する前に知っておきたいこと

このカテゴリーでは、宝石を買い取ってもらう前に、知っておくと便利な情報を紹介しています。

買取の流れ

宝石や貴金属を業者に買い取ってもらう時には、店頭買取、出張買取、宅配買取の3つの方法があります。

店頭買取は、実際に買取業者の店舗に行って買い取ってもらう方法です。店舗にいるスタッフがその場で査定し、現金に換えてくれるので、急いでお金にしたい場合に便利です。

出張買取は、買取業者のスタッフが直接自宅に訪問して買取します。買取業者の店舗が近くにない、多忙で店舗に行けない、買い取ってもらいたい宝石がたくさんあるという場合に便利です。

宅配買取は、買い取って欲しい宝石や貴金属を買取業者に送る方法で、出張買取の対応エリア以外に住んでいる、買取業者の店舗が近くにない、多忙で店舗にに行けないという方にはおすすめです。

宝石を売るメリット・デメリット

店頭買取のメリットは、鑑定士がその場でしっかり査定してくれるということです。デメリットとしては、顔と顔を合わせているので断りづらかったり、口が達者な鑑定士に言いくるめられたりすることがあったり、大量に持ち込みづらかったりすることなどがあります。

宅配買取のメリットは、大量に査定してもらえること、デメリットは紛失や破損が心配なことです。

出張買取のメリットは指定した時間に訪問し、その場で査定・買取してくれるので、時間を有効に使うことができること、デメリットは、店頭買取と違い出先なのでじっくり査定する時間がなく、査定価格に納得できない可能性があることです。

信頼できる宝石買取業者の見極め方

宝石は、専門の熟練した鑑定者に査定してもらう必要があるので、専門の鑑定士がいる宝石専門店を選ぶことが重要です。

また、ライバル業者が多いところでは競争原理が働くので、買取価格が高くなる傾向があるため、田舎よりも東京都心部などにある店舗がおすすめです。

大型チェーン買取業者より地域密着業者の場合、精鋭の鑑定士が多く納得できる高額査定をしてくれるところも多いです。

宝石買取など古物営業には、公安委員会の古物商許可を受けることが法律で義務付けられているので、許可番号が提示されているかどうか確認しましょう。

高く買い取ってもらうコツ

貴金属や宝石の鑑定には、専門家としての深い知識や経験が必要です。宝石や貴金属を買取業者に買いとってもらう時は専門の鑑定士がいるかどうか調べてから依頼しましょう。

高い査定額を提示するような業者は、高い金額を餌に来店させようというところが多いので、電話で買取価格の目安を聞いたときに金額に幅を持たせて提示してくれる業者がおすすめです。

宝石や貴金属は見かけが新品に近いほど高くで買い取ってもらえるので、買取り査定前にクリーニングしておきましょう。

宝石のお手入れ方法

宝石はお手入れしていれば、購入したときのまま美しく輝き続けますが、それぞれお手入れ方法が違います。 間違った方法でお手入れで傷つけてしまうこともあるので、宝石に合わせた方法でお手入れしましょう。

また家事や入浴時にははずすこと、はずした後はやわらかい布でやさしく拭くこと、爪に緩みがないかどうかチェックするなど普段から注意するようにしましょう。

ダイヤモンドの鑑定書とは?

ダイヤモンドの鑑定書の項目には発行機関、カット・形状、寸法、重量・カラット、クラリティ、カラー、カットの等級、蛍光性、プロットがあります。

鑑定書(グレーディング・レポート)は0.3カラット以上の大きさで、ルース(裸石)ダイヤモンドの品質を評価した証明書のことです。鑑別書では調べないダイヤの色、内包物、品質基準の4C(カット・重さ・色・透明度)について、専門機関の鑑定士による鑑定結果が表記されます。

鑑定機関は一般に、国内2社CGL (中央宝石研究所:昭和45年設立)、AGT(AGTジェムラボラトリー:昭和53年設立)と、GIA( 米国宝石学会)、HRD(ベルギーの鑑定機関)の海外2社が信頼されています。