評判の宝石買取業者を調査しました。

宝石の買取価格を徹底比較!
宝石の買取価格を徹底比較 » 代表的な宝石の特徴と買取相場 » アレキサンドライトの買取相場

アレキサンドライトの買取相場

こちらではアレキサンドライトの相場や査定額、特徴、売るときの注意点、宝石の見分け方について紹介します。

アレキサンドライトの相場と査定額

相場:2.5万円(アレキサンドライトキャッツアイ 0.5ct ルース)~25万円(アレキサンドライト 5ct ルース)

査定額:5万円~10万円(ブラジル産 アレキサンドライト ルース)

アレキサンドライトの特徴

1830年にロシア・ウラル山脈のエメラルド鉱山で発見されたアレキサンドライトはロシア皇太子(のちの皇帝アレクサンドルⅡ世)にちなみアレキサンドライトと命名され、日本では、変彩金緑石(へんさいきんりょくせき)と呼ばれています。

光によって色が変わるという不思議な宝石で人気のある宝石ですが、産出量が減少し、幻の宝石と言われるようになってきています。

アレキサンドライトはクリソベリルという鉱物の一種で、その中で光で色が変わる特性があるもののみをアレキサンドライトと呼んでいます。 太陽光や蛍光灯の下では緑色ですがロウソクや白熱灯の下では赤色に輝くという、光の波長が異なることでカラー・チェンジするという珍しい性質を持つ宝石です。

このカラー・チェンジは、アレキサンドライトの性質が緑系の光と赤系の光をほとんど同じ割合で反射することにあります。白熱灯のオレンジ色の光を反射すると赤紫がかって見え、蛍光灯の青白い光を反射すると緑がかって見えるというわけなのです。

産地は最初に発見されたロシアのウラル山脈が有名ですが、現在はスリランカ、ブラジルなどでも産出されています。

売るときの注意点

アレキサンドライトをなるべく高く売るコツは、保証書や鑑定書、ケースなどの付属品があればそろえておく、売る前に自分でクリーニングをする、カットの種類や大きさなど売りたい宝石の詳細についてを知っておく、買取を依頼する前に買取店のHPにある「無料見積もり」などで大まかな査定金額を把握しておく、買取りは宝石買取り専門業者に依頼することなどがあげられます。

自分でクリーニングをする場合は、宝石別にお手入れ方法が違いますので、宝石にあったクリーニング方法でお手入れをするようにしてください。

比較的硬く熱や薬品にも強いので、中性洗剤とやわらかい毛先の歯ブラシを使い、爪の間や裏側についた汚れを毛先でよく落とし、丁寧にぬるま湯でゆすぎ、柔らかい布で水分をふき取りましょう。

汗/皮脂、コスメ、除光液、ヘアスプレイ、紫外線/強光、温泉、塩素系洗剤、超音波洗浄機は安全ですが、衝撃はできるだけ避けましょう。

宝石の見分け方

アレキサンドライトは不純物として微量に混入したクロム(Cr)によって着色されています。

ふつう天然の宝石を鑑別する際にはインクルージョンが重要な手掛かりとなります。アレキサンドライトには指紋状のインクルージョンであるフィンガープリントや、シルク・インクルージョンなら確認できるものもありますが、鑑別できる特有のインクルージョンというものはありません。

そのためアレキサンドライトの鑑別にはカラーチェンジが大きな手掛かりとなります。 太陽光と白熱灯の光を交互に照らして明らかなカラーチェンジが認められる場合、アレキサンドライトとされます。

天然石がたいへん希少であるため、合成アレキサンドライトが作られています。天然に比べると、はるかに安く手に入るので、アレキサンドライトが好きでカジュアルアクセサリーとして使いたいのであれば購入しても良いかもしれません。