評判の宝石買取業者を調査しました。

宝石の買取価格を徹底比較!

パールの買取相場

こちらではパールの相場や査定額、特徴、売るときの注意点、宝石の見分け方について紹介します。

パールの相場と査定額

相場:2.2万円(ブラックパール 10mm)~3万円(パール 10mm)

査定額:28万円~35万円(パールネックレス 17㎜)

パールの特徴

日本人にとって真珠という名の方が一般的なパールは、日本人に古くから愛されてきた宝石で日本書紀の書かれた時代にあったということも分かっています。

世界的には紀元前7世紀ころには既にパールが発見され、中国では魏志倭人伝の書かれた頃からあり、エジプトではクレオパトラが薬として飲んでいたといわれています。

日本のパールはその美しさが世界中で有名となって世界中の貴族や王室に愛され、中国やヨーロッパからも買い求める人がいるくらい憧れの宝石となりましたが、それは今でもかわりません。

パールは貝から作り出されますが、かつては貝の中に小石を入れると、それを貝の成分がコーティングしてパールができると思われていました。しかし、実際は小石を貝の中に入れるではなく貝の外套膜が入ることで成分が作用してパールが作られます。

売るときの注意点

パールをなるべく高く売るコツは、保証書や鑑定書、ケースなどの付属品があればそろえておく、売る前に自分でクリーニングをする、カットの種類や大きさなど売りたい宝石の詳細についてを知っておく、買取を依頼する前に買取店のHPにある「無料見積もり」などで大まかな査定金額を把握しておく、買取りは宝石買取り専門業者に依頼することなどがあげられます。

自分でクリーニングをする場合は、宝石別にお手入れ方法が違いますので、宝石にあったクリーニング方法でお手入れをするようにしてください。

有機質生き物なので汚れや汗に弱く傷つきやすいです。 シリコンクロスなどの柔らかい布でふき、汚れがひどい場合はぬるま湯で洗い落としましょう。コスメなどの酸が付くと変色の原因になるので注意が必要です。水道水にも塩素が含まれているので要注意です。

除光液、ヘアスプレイ、紫外線/強光、温泉、塩素系洗剤、超音波洗浄機、衝撃はNG、汗/皮脂、コスメもできるだけ避けましょう。

宝石の見分け方

天然パールとは外套膜が偶然入って精製されたものを指し、外套膜を人工的に入れて作られたものは養殖パールといいますが、天然のパールの場合、丸くきれいに整った型で産出されるものは少なく、だいたいいびつで湾曲した形になってしまいます。そのため天然パールを使用した製品はとても数が少なく、非常に価値も高く高価です。

ふつう店頭で販売されているパールのほとんどは養殖真珠ですが、養殖でも美しい輝きを持った価値のあるものが多いです。

天然パールや養殖パールは真珠貝から作られますが、外見のみを似せて人工的に作られた人工パールというものがあり、本物のパールと見分けがつかないものもありますが、質感は全く違います。人工パールは着色を施されていることもあるので、輝きが不自然なものもあります。