評判の宝石買取業者を調査しました。

宝石の買取価格を徹底比較!

トパーズの買取相場

こちらではトパーズの相場や査定額、特徴、売るときの注意点、宝石の見分け方について紹介します。

トパーズの相場と査定額

相場:0.7万円(ピンクトパーズ 0.5ct ルース)~0.8万円(インペリアルトパーズ 5ct ルース)

査定額:3万円~4.5万円(ブルートパーズ K18 ネックレス)

トパーズの特徴

トパーズの日本名は黄玉と言い、あまり宝石の事を知らなくてもトパーズだけは知っているという人が多いです。しかし、トパーズの色は黄色だけではなくブルー、グリーン、カラーレス(無色)、イエロ、インペリアル(黄金色)、ピンク、オレンジ、ブラウン等々がある多彩な宝石です。

トパーズは斜方晶系結晶のあるフッ素を含むアルミニウム珪酸塩。産地ごとに異なった性質を持っています。硬度8で比較的硬いのですが、上下軸直角方向に割れやすい性質(劈開性)を持っているので、軽く打っただけでひびや内部亀裂を起こしたり、割れてしまうこともあります。

ペアシェープ(洋ナシ型)やオーバル(長楕円形)カットされることが多いですが、横向きにヒビが入りやすいので注意が必要です。

売るときの注意点

トパーズをなるべく高く売るコツは、保証書や鑑定書、ケースなどの付属品があればそろえておく、売る前に自分でクリーニングをする、カットの種類や大きさなど売りたい宝石の詳細についてを知っておく、買取を依頼する前に買取店のHPにある「無料見積もり」などで大まかな査定金額を把握しておく、買取りは宝石買取り専門業者に依頼することなどがあげられます。

自分でクリーニングをする場合は、宝石別にお手入れ方法が違いますので、宝石にあったクリーニング方法でお手入れをするようにしてください。

トパーズは硬度が高くキズは付きにくいのですが横にひびが入りやすいので、ぶつけたり落としたりすると簡単にひびが入ってしまうので注意が必要です。

汗/皮脂、コスメ、除光液、ヘアスプレイ、温泉、塩素系洗剤は安全ですが、紫外線/強光はできるだけ避けましょう。超音波洗浄機、衝撃はNGです。

宝石の見分け方

トパーズを大きく分類すると水酸基が多く含まれたOHタイプと呼ばれるものと、フッ素が多く含まれるFタイプと呼ばれるものに分ける事が出来ます。

宝石として価値が高いのはOHタイプの水酸基が多く含まれるインペリアルトパーズと呼ばれるもので、Fタイプより屈折率が高いため色みや輝きが良いです。

インペリアルトパーズの中で特に人気が高いのはピンクトパーズですが、、良質な結晶を採る事が難しく、宝石に出来る結晶数がとても少ないので、目にする事も難しいといわれる貴重な宝石となっています。

日本では黄水晶(シトリン)がトパーズと勘違いされて市場で広まった時期がありますが、現在でもその誤解が払拭されていないのが実情です。

黄水晶はシトリン・トパーズともいわれ、硬度7、屈折率1.5で宝石の価値はかなり劣ります。