評判の宝石買取業者を調査しました。

宝石の買取価格を徹底比較!

トルマリンの買取相場

こちらではトルマリンの相場や査定額、特徴、売るときの注意点、宝石の見分け方について紹介します。

トルマリンの相場と査定額

相場:0.5万円(ピンクトルマリン 0.5ct ルース)~20万円(パライバトルマリン0.5ct ルース)

査定額:19万円~24万円(バイカラートルマリン グリーンピンク リング)

トルマリンの特徴

最近はやりのマイナスイオンで知られるトルマリンですが、一つの石を表す名ではなく、ガーネットのように複数の似た種類の石の総称でどれもケイ酸塩鉱物の一種です。多くの色があり、特にブルーに緑を少し足した様な色のパライバトルマリンは、1ct当たりの価格が宝石の中でも最も高価ものとなっています。

パライバトルマリンのようにはっきりと何色だといえないような色がトルマリンには多くあり、赤、青、緑などの色で区別をするのは難しいと言われています。

1880年にノーベル物理学賞を受けたピエール・キュリー博士により、トルマリンに熱や圧力を加えると電気が発生することが証明されましたが、地球上の沢山の鉱物の中でたった一つだけの自ら電気を帯びる鉱石として「電気石」とも呼ばれています。

その後、日本の学者の研究によりトルマリンの結晶の両端に-極と+極があることがわかり、電気を永久に発生し続けることが確認されました。最近の健康ブームの中、トルマリンは肩こりなどにも効くといわれて色々な健康グッズに使われています。

電気を発生させる力は色が濃いほど強く、その中でも黒色は一番強いとされています。

売るときの注意点

トルマリンをなるべく高く売るコツは、保証書や鑑定書、ケースなどの付属品があればそろえておく、売る前に自分でクリーニングをする、カットの種類や大きさなど売りたい宝石の詳細についてを知っておく、買取を依頼する前に買取店のHPにある「無料見積もり」などで大まかな査定金額を把握しておく、買取りは宝石買取り専門業者に依頼することなどがあげられます。

自分でクリーニングをする場合は、宝石別にお手入れ方法が違いますので、宝石にあったクリーニング方法でお手入れをするようにしてください。

電気石とも呼ばれるトルマリンは摩擦や加熱で帯電しやすいため、表面にほこりがつきやすいです。 ふだんからシリコンクロスなどの柔らかい布で汗、汚れ、指紋をふき取るようにしましょう。

汗/皮脂、コスメ、除光液、ヘアスプレイ、紫外線/強光、塩素系洗剤、超音波洗浄機は安全ですが、温泉はできるだけ避けましょう。衝撃はNGです。

宝石の見分け方

トルマリンには、クロムトルマリン、パライバトルマリン、ピンクトルマリン、ルベライト、インディゴライトトルマリン、アクロアイト トルマリン、ドラバイト トルマリン、バイカラートルマリンなどがあります。

この中で最も希少で高い価値を持つのはパライバトルマリンで、ブラジルの限られた地域内でしか産出されず、産出量も年々減少しているのため、滅多に出会えない貴重な宝石です。

最も数多く見られるのが緑色系のトルマリンであるクロムトルマリンで、結晶時に鉄分によって鮮やかで美しい緑色になったものです。

宝石の中でも特に珍しいと有名なバイカラートルマリンは2色を持つ結晶の石で、ピンク&グリーンや、ピンク&ブルーなどの組み合わせが多いです。

本物のトルマリンにはひび割れのようなインクルージョンがあるという特徴があります。